bsakana’s blog

自分の旅行の思い出など

海外に行っても、家で外国人迎えても感じる事

日本人って旅を楽しめてないって感じる事が多い。

何か優等生が旅してるって感じ*1ヶラヶラ・・・

まっアジア人特有のね、感じるわけですよ。

でも他の国の人達は旅を楽しんでる。

あれ凄く良いです。

旅上手って言葉があるけど・・まさしく。

昨日、我が家に来ていたドイツ人とフランス人のカップルが鎌倉観光に行った。

雨に降られたけど・・「雨が降ったの」・・程度。

アジア人はもっと違う反応。

そんなところが凄く羨ましいし、自分も旅上手になりたいって思えるのよね。

日本人は時間に余裕がないから仕方ないのかもしれないけど。

何が違うのって結局は時間的余裕ではないかと。

ドイツ人なんて1か月旅行するって人ばかりだし、日本ではまず無理だよね。

そんな仕事休んだら、来なくて良いからって言われるのがオチ。

全く違う人生だなって思えるわけですよ。

9月の旅は旅上手に挑戦してみようって相変わらずな発想をする私なんです。

2週間でも長いって言われますからね。

私からすると短い。

でも今回は現地の人とバンバン関わり楽しむ事にする。

*1:´∀`*

Air bnb

私は旅以外で書きたい事があります。

Air bnbについて。

反対派、賛成派がいますが、私はマナーを守って賛成派。

そもそもAir bnbのマナーって何だろうかって事になると思うんですけどね。

Air bnbのCMでも流れているコンセプトありますよね。

「暮らすように旅する」

まさしくそれだよ~って感じです。

日本人が日本で、中国人が中国で、アメリカ人がアメリカで旅行者に部屋を提供する。

なかには部屋だけの提供の人もいるのだろう。

ホストもゲストと楽しむって人もいるだろう。

私は後者。

折角のチャンス。

楽しまなきゃってタイプ。

賃貸で借りてまでAir bnbをしたいとは思わない。

持ち家でするからこそ意味があるんじゃないかと。

日本のマンションで中国人がホストを多くしているようですが、私はそれを反対です。

全てにおいて日本人と中国人の感覚は違うからだ。

ゴミ問題、騒音問題特にね。

トラブルにならないはずがない。

ネットでは色々な意見がありますが、我が家に来たゲストが問題を起こした事はない。

ゴミも外で捨てた事もない。

むしろ近所のゴミ捨て場に勝手に捨てて行くのは日本人観光客だ。

犯罪者が集まるなんて言う人もいますが、それを言うなら問題のある外国人を日本に入国させるのは入管の仕事。

そこまで言うのならトランプ大統領のように問題の多い国の人の入国制限でもすれば良いだけで、そこを重視して反対と言うなら日本の各地にいる問題のある外国人を強制退去させるべきだし、そういう事に声を挙げるべき。

本当に反対なのは特別なリスクも負わないで、お金を稼ぐ事に反対なんだよね。

安全面が心配なんて言うけど上手く使えば町起こしの一環として使えるし。

既に上手く使ってる地域もある。

日本人はイメージで物事を言う。

どんなふうに使うと安全で安心して利用出来るかへの議論が遅すぎる。

ホテル業界の反発もあるようですが、普通の持ち家でのAir bnbで言わして頂くと、あくまでも私のしている規模。

部屋は二部屋、多くても4人から5人くらい。

大抵は2人が主。

家の客が泊まりに来た程度。

同じリビングで食事も食べるし、テレビも見る。

時間があれば車での送迎もするし、時には一緒に出掛ける事もある。

英語も話すのはダメだけど聞き取りは上達した方だと思うし。

来て下さる方の国の勉強をしたり、もっと自分の住む町を知ろうと思う。

私は良い方向に動いたと思っている。

ホテルは泊めるだけ。

特別な交流をするわけではありません。

ホテルだけのサービスを求めている人はホテルに泊まるでしょう。

しかし時代は変化しているように感じます。

自分達もですが、地元の人との交流が出来れば旅は何倍も楽しいものになる。

だからこそ暮らすように旅する。

良いですよね、この感覚。

だから私は基本、自由に過ごして下さいと言うスタンスを崩していません。

構いすぎもしません。

手取り足取りもしません。

何故ならば自分の足で歩いて新しい発見をする楽しさを知っていますからね。

 

 

 

 

 

1番知りたい情報って?

沢山の旅ブログがあります。

出来れば新しい情報が欲しいわけで、その中でも私は物の値段や乗り物の値段、入場料など詳しく知りたいです。

日本ならある程度の予測は付きますが、行った事もない国は全く予測不可能。

やらしい考えですかね?

でもハッキリ言うと計画立てる段階で重要でしょう?

大まかな値段で良いんですよね。

例えば今回の旅行で言うとルアンバパーンからエラワンの滝までタクシーをチャターするとみたいにね。

ラオスパンツ1枚いくらくらいみたいなね。

3泊4日でいくらくらいが目安だとかね。

私はサンセットクルーズで船をチャターしたらどれくらいかなって調べたけど見つける事が出来ないでいる。

少し古いのはあるが。

そもそもラオスについでに行ってみようなんて珍しいのかもしれない?

よほど旅慣れた人くらいかもしれないが、私はツアーも使う事ないが何とかなるって思ってます。

ただ準備をシッカリと整えて旅行に行きたいのです。

それこそが旅行を安全にする方法だと思っています。

宿を現地に行ってから見つけましょうなんて私には無理だし。

何をともあれ私はやはり物価情報がもう少し多めにあると嬉しいです。

 

 

 

アジアの魅力

バンコクって好き嫌いがハッキリすると思うんですよね。

あとバンコクを旅するにあたって重要なのは1人で行くか、誰かと行くかって事だと思うんです。

バンコクってどうしても風俗的な部分が大きく割合を占めるし、観光地なんか歩いてると年寄りと現地の若い女の子が手を繋いでなんて当たり前の街。

街中で食事したら分かると思うんですけど男性の集団と女性の集団に対するサービスの違いは直ぐに見て分かる。

そんなふうですから嫌いな人は嫌いだと思います。

私も1人で行った時はバンコクが好きになれなかった。

そして今年初、娘と2人で行った。

1人で訪れた時とは違う角度から見たり、見なかったものを見たり、体験しなかった事をしたりした事でバンコクが好きになった。

バンコクは男性にとって天国だなと思うんですけど、女性にとっても天国だなと思いますよ。

買い物、スパ、マッサージ天国。

安いですもん。

観光中は街中の安いところで十分だし。

帰り際にいつもより高級な場所でみたいな。

韓国も楽しいけど、韓国なんかよりも物価は安いし楽しめるかも。

韓国は羽田から2時間程度。

バンコクは7時間。

飛行機代が3万程度違ってくるくらいじゃないかな?

4時間を超えると飛行機代は高くなりますよね。

昔タイのビーチで現地にいる時だの恋人を作ってリゾラバと呼んでいましたね。

その言葉流行りました。

懐かしい言葉。

つい先日お客様と旅について話が盛り上がりました。

ヨーロッパは綺麗で食事も美味しいけど飽きたとのこと。

ヨーロッパ1度は行ってみたい。

でも1度行けばみたいな感じと言うのを聞いて思ったんですけど、旅行ではなく旅の好きな人は少しの刺激を必要とする。

その旅はやはりアジアが1番なんじゃないかと。

だから私は冒険するような旅が好きだ。

ワクワクするような旅。

その道の先には何があるのだろって思える旅。

だから私はアジアが好きなんだな。

しかし、この旅は9月なので帰ったら再び書きたいと思います。

 

 

手軽に行けるカンナチャブリ

ラオスから戻ってタイの地方へと思ったのですが、そこはやはり移動時間がかかるので2時間程度で行けるカンナチャブリ郊外へ。
タイガーテンプルと言えば有名ですよね。
たぶん日本のニュースにも出たはず。
お坊さんと虎が一緒に仲良く暮らしてますよ~が歌い文句の寺です。
でも実際は虎の虐待などで大人しくさせて商売の道具にしていたり、ラオスと秘密裏に取り引きしていたとされています。
大人しくさせた虎と触れ合ったり、写真撮影などをして34億円も荒稼ぎしたとも報道されました。
そりゃ・・あの虎を触って写真まで一緒になんて興味、たぶん誰でも持ちますよね。
タイでは象も問題になりつつありますね。
今はその寺は閉鎖されています。
もっと有名なのは戦場に架ける橋ではないでしょうか?別名、死の鉄橋とも言われている。
第2次世界大戦の時に日本軍がイギリス人捕虜を使ってタイからミャンマーにかけて物資を運ぶ為に作った路線なんです。
しかし、この橋はイギリス人によって爆破されて、日本人指揮官も自殺。
約40万人にも上る労働者は赤痢マラリア、栄養失調、過労などで亡くなりました。
日本人には心が痛い場所かもしれませんね?
もともと私は旅行は2週間程度行くのが好きです。
中心部だけではなく、より地元の人達の生活に密着出来る地方や郊外に行くのが好きです。
実は私、子供も成長して1番下の息子も高校2年生になり少し遠くに行っても良いかなって思いだして、ブルガリア計画を立ててました。
でもブルガリア何もないじゃんって娘が、なのでメキシコに変更したら危険がだから行かない方が良いでタイとラオスになったわけです。
でも2週間もバンコク市内で過ごすのはね退屈だし疲れますから。
良い空気吸って、マイナスイオンタップリ浴びて、何もしない贅沢を味わいたいです。
それにはもってこいの場所の選択だなと。
タイから手軽に行けるって良いですね。
私は乗り合いバスを利用してカンナチャブリに行くつもりです。
何故なら南バスタミーナルは面倒くさいからだ。
100バーツ程で行けるらしいです。
日本円にすると330円くらい。
安いよね~。
列車の旅も良いけど本数が少ないのが難点。
まっ、これは次回に挑戦してみたい。
私の選んだ交通手段はロットー
戦勝記念塔などから出てます。
それで手軽にノンビリ行きたいと思います。

タイからラオスへ

タイを拠点に地方や行けるなら国境を越えて違う国へ決めたのがラオス

初めはバスや国鉄を考えたのですが、情報が少ない少ない。

あっても大丈夫かって思えたので飛行機でチャッチャッと行くことに。

色々読んで選んだのがAir Asia

往復の値段が出ても、売り切れましたで変わることがなくて途方に暮れかかってる時に片道ずつ購入はどうなんだろうかって事だった。

早速試すといけるじゃん。

Air Asiaのサイトで購入。

オプションが付いた値段が出て来ますので、いらない物は消していくと良いわけです。

ラオスって日本人に人気があるって言うより、欧州人に人気な国。

売り切れも早い早い。

行きはドムアン空港からルアンパバーン空港。

1時間30分程度。

状況によって少しの誤差はあります。

行きは2人分で14500円。

私1人25キロまでを入れてね。

2300円くらいかかるんですから。

7キロまでは無料らしいですが、女性二人旅は難しいかな?

なのでコンパクトに荷物をまとめ、娘はなし。

食事は付けませんでした。

帰りは約3万。

日付を間違ったので変更手続き処理費を追加して。

それが約1万程度。

悲しいわ。

これは私が負担します。

慣れない航空会社のサイトは使いづらい。

でも実は高いのは手数料。

でも行きたいのだから仕方ない。

空港に着くと歩いて移動。

空港からはタクシーが一般的で5万キープ。

この値段はどのタクシーに乗っても同じみたいです。

タクシー運転者などは英語は出来ないらしい…私も出来ないわ。

何とかなるさの精神で私は行くのです。

 

ラオスについて

ニューヨークタイムズで世界で1番行きたい国に選ばれたラオス、しかし情報は少なくラオスに行こうなんて思うのはバックパックーくらいか?

そもそもラオスに直行便がない。

タイ国際航空ベトナム航空、中国東方航空などで経由して行くわけです。

後はタイ、ベトナムカンボジアミャンマーから陸路。

しかし陸路は危険も伴います色々な意味で。

私はベトナムからカンボジアへ陸路で国境を越えた経験が。

カンボジアのイミグレーションで指紋を取る時に、どの指か間違えて怒られた経験。

1番の難点は衛生面の違いでサービスエリアに止まった際のトイレ事情ではないかと??

息子は初めてのヤモリで驚いて悲鳴を挙げて、私達はおろか他の外国人も驚いて息子に駆けつけた。

私でなくて良かった。

話しは逸れたが・・本当にラオスに対しては情報が少ない。

ラオスは日本の7割の面積しかないんですね。

正確な国名はラオス人民民主共和国です。

700万人に満たない人口。

ラオ族と言われる人達が住んでいます。

仏教色の強い国でルアンパバーンの托鉢は有名ですね、絶対私も見る。

フランスの統治家にあって、内戦も繰り返された国です。

1975年に今のラオス人民民主共和国になりました。

神はカッドコに宿る国とラオスの事を言った人がいます。

托鉢がその象徴かもしれません。

あと東南アジアで見かける猛獣のような野良犬がいないそうです。

それも、この言葉を象徴させる1つの風景かな?

私と息子はベトナムで猛獣のような野良犬に追いかけられて、通りがかりのバイクに助かられた思い出があります。

あれは本気で怖かった。

バイクが来なければ1大事になっていたに間違いない。

今でもゾッとする。

犬ではなく猛獣です。

ラオスではバーツ、ドル、キープが使えます。

キープは価値が低いので余っても両替してくれるところがない。

2017年7月11日現在で1LAK=0.01379JPY。

1JPY=72.4988LAK。

ここ重要ですからね。

カンボジアも価値が低い。

しかし現地のお金に両替して貰うとお金持ちになった気分になる。

私は余ったカンボジアのお金をドルに両替して貰ったことがある。

かなり強引に。

嫌な客だわ。

ビザはですね15日以内の滞在の場合は不要。

6か月間残存有効期間があれば、確か2ページの余白が残っていないといけないとかではなかったかな?

コーヒー好きには嬉しい事が。

ラオスのコーヒーは美味しいと有名なんだそうで。

今回の旅行で思う存分、味わって来ようと思っている。

コーヒー豆はボロベン高原で栽培されていて、園にはいくつもの川がありマイナスイオンたっぷりで、そのおかげなんでしょうかね?

早く味わいたいわ。

次は私が予定しているバンコクからの入国方法を。