bsakana’s blog

自分の旅行の思い出など

ラオスについて

ニューヨークタイムズで世界で1番行きたい国に選ばれたラオス、しかし情報は少なくラオスに行こうなんて思うのはバックパックーくらいか?

そもそもラオスに直行便がない。

タイ国際航空ベトナム航空、中国東方航空などで経由して行くわけです。

後はタイ、ベトナムカンボジアミャンマーから陸路。

しかし陸路は危険も伴います色々な意味で。

私はベトナムからカンボジアへ陸路で国境を越えた経験が。

カンボジアのイミグレーションで指紋を取る時に、どの指か間違えて怒られた経験。

1番の難点は衛生面の違いでサービスエリアに止まった際のトイレ事情ではないかと??

息子は初めてのヤモリで驚いて悲鳴を挙げて、私達はおろか他の外国人も驚いて息子に駆けつけた。

私でなくて良かった。

話しは逸れたが・・本当にラオスに対しては情報が少ない。

ラオスは日本の7割の面積しかないんですね。

正確な国名はラオス人民民主共和国です。

700万人に満たない人口。

ラオ族と言われる人達が住んでいます。

仏教色の強い国でルアンパバーンの托鉢は有名ですね、絶対私も見る。

フランスの統治家にあって、内戦も繰り返された国です。

1975年に今のラオス人民民主共和国になりました。

神はカッドコに宿る国とラオスの事を言った人がいます。

托鉢がその象徴かもしれません。

あと東南アジアで見かける猛獣のような野良犬がいないそうです。

それも、この言葉を象徴させる1つの風景かな?

私と息子はベトナムで猛獣のような野良犬に追いかけられて、通りがかりのバイクに助かられた思い出があります。

あれは本気で怖かった。

バイクが来なければ1大事になっていたに間違いない。

今でもゾッとする。

犬ではなく猛獣です。

ラオスではバーツ、ドル、キープが使えます。

キープは価値が低いので余っても両替してくれるところがない。

2017年7月11日現在で1LAK=0.01379JPY。

1JPY=72.4988LAK。

ここ重要ですからね。

カンボジアも価値が低い。

しかし現地のお金に両替して貰うとお金持ちになった気分になる。

私は余ったカンボジアのお金をドルに両替して貰ったことがある。

かなり強引に。

嫌な客だわ。

ビザはですね15日以内の滞在の場合は不要。

6か月間残存有効期間があれば、確か2ページの余白が残っていないといけないとかではなかったかな?

コーヒー好きには嬉しい事が。

ラオスのコーヒーは美味しいと有名なんだそうで。

今回の旅行で思う存分、味わって来ようと思っている。

コーヒー豆はボロベン高原で栽培されていて、園にはいくつもの川がありマイナスイオンたっぷりで、そのおかげなんでしょうかね?

早く味わいたいわ。

次は私が予定しているバンコクからの入国方法を。